診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜19:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

冷え性について

一口に冷え性と言っても、全身が冷えたり、手足だけ冷えるなどの冷えのタイプや症状は様々です。

冷え性のタイプは大きく4つに分けられます。

 

全身型

全身が冷えるタイプで、体温が低く季節や気温に関係なく寒さを感じます。他にも食欲や気力が失われ、疲労感や倦怠感が生じます。

このタイプは、筋力が少ない女性や高齢者に多く見られます。また、日常生活で運動をする習慣が少ない方も起こりやすいといわれています。

原因としては、筋力不足や基礎代謝量の少なさが考えられます。エネルギーを作り出す栄養素が足りていないため、血流が悪く冷えにつながりやすいです。

 

・対策

基礎代謝量を上げることが重要です。ウォーキングやランニングなど軽い運動を習慣づけ、筋肉を鍛えるようにしましょう。また、温かく消化の良い食べ物をとるように心がけましょう。

 
 

四肢末端型

手や足の先が冷えるタイプです。

手足の先まで血液が循環しないことから、手足に冷えを感じます。

10代~20代の女性に最も多く、疲労や無理なダイエットが背景にある可能性があります。また、筋肉量が少なく体脂肪率が高いこと、月経による血行不良や自律神経の乱れも影響しているといわれています。体に血を巡らせるために重要な自律神経はストレスに影響を受けやすく乱れてしまいます。

 

・対策

過度なダイエットはせず、量や栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

お風呂に浸かることも効果的です。体を温めるだけでなく、心身をリラックスさせ血流をよくしてくれます。

 

内臓型

お腹が冷えたりお腹が張るのはこのタイプになります。

寒い場所で二の腕や太ももが冷えやすいのも特徴です。

内臓にきちんと血液が巡らないことで起こるといわれています。体の表面に冷えが現れないので初期では自覚しにくいですが、内臓機能の低下につながる場合があります。

薄着でいることが多かったり、冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎが原因と考えられています。

 

・対策

内臓を温めることが大切です。冷たいものは内臓を冷やす原因になるのでなるべく避けましょう。冬はもちろんのこと夏の暑い時期でも温かい食べ物や飲み物を摂るようにしましょう。また、軽い運動も内臓を温めるのに効果的です。

 

下半身型

お尻やふくらはぎなど腰から下が冷えやすくなるタイプです。

デスクワークや座っていることが多い方がなりやすいです。

原因としては、下半身の血流の流れにあります。長時間座っていたり、同じ姿勢でいることが多いと下半身の筋肉が硬くなります。それにより下半身の血行が悪くなり冷えにつながります。

 

・対策

ふくらはぎやお尻の筋肉を鍛えるために適度な運動を行いましょう。ふくらはぎの腓腹筋には血液を送り出すポンプ作用があるため鍛えると効果的です。

 

当院でできること

筋肉の緊張の緩和、骨格や骨盤の歪みを調整し全身のバランスを整えることで血流の滞りなどを改善していきます。

内臓や血管の伸縮運動は自律神経がコントロールしています。

自律神経は脳から脊髄を通って全身へ信号を送り出すため、姿勢などが悪くなり背骨が歪んでいると自律神経が乱れる原因となります。

姿勢を改善し自律神経を整えることで冷え性改善につながります。

また、筋力アップのためのエクササイズ指導もさせていただきます。

 

お気軽にお問合せ下さい。
044-767-7831

受付時間
平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00
定休日 月曜日

下記のリンクよりアクセスお願いします。

https://2.onemorehand.jp/saginuma-chiro/

コース選択画面で【 初めての方 【  meguru式整体】 meguru院にて 】を選択してください。

下記のアドレスをクリックし登録お願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40dln2269v
当院の専用LINEがございます。登録していただければ、定期的に栄養や運動の情報を送らせていただきます。こちらのLINEからもご予約可能ですのでお気軽にご利用ください。

予約を希望する方は下記をお知らせください。
・お名前
・ご希望の日時
・ご希望のコース