診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜19:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

足がつりやすい(こむら返り)

「つる」とは手や足などの筋肉が、突然何らかの原因で、自分の意志とは関係なくけいれんを起こしてしまうことです。

筋肉が収縮したまま硬直し、元の状態に戻りにくく痛みを生じるケースもあります。

ちなみにこむら返りの「こむら」はふくらはぎのことを指します。

名前の通りふくらはぎに多く起こりますが、足の裏や指、太ももなど体のどこにでも発生します。

運動中や就寝中に発生することが多く、妊娠中や加齢によっても起きやすくなります。

 
 

足がつる原因

足がつる原因は主にカルシウムやマグネシウムといった血液中のイオンがバランスを崩し、筋肉がうまく働かなくなることにあるといわれています。

そもそも筋肉は、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどのイオンのバランスによって反応のしやすさが決まります。

通常であれば、過剰なイオンは尿や汗などから排出され、ちょうどいいバランスに調整されます。

熱中症や脱水症状で足をつることが多いのは、これらのイオンのバランスが崩れるためです。

また、睡眠中に足がつりやすいのは、睡眠時は心拍数が減り、血行が低下しているのに加え、汗をかき脱水傾向にもあるためイオンのバランスが崩れやすいからです。

夏場になると冷房の影響で体が冷え血行が悪くなるとさらにつりやすくなります。

 

 

妊娠中や加齢で起こりやすくなる理由

加齢によって運動量が減り、筋肉量が減少していることが原因となります。

筋肉量が減少すると血行が低下し、筋肉の反応がうまく調節できなくなり、足がつりやすくなります。

また、妊娠中は女性ホルモンの変化によりイオンのバランスが乱れやすくなることや、子宮が下大静脈を圧迫するため血行が悪くなること、足が常に疲労していることなどが原因で足がつりやすいと言われています。

 

つった時の対処法

足がつったとしてもほとんどの場合が一過性であることが多いため、ストレッチやマッサージなどで筋肉を緩めることで対処できます。

ふくらはぎをつった場合は、膝を伸ばし、足首を後ろに反らせて、足の指先に手をかけてゆっくりと手前に引き寄せましょう。手が届かない場合は足にタオルを引っかけてみましょう。

伸ばしても改善しなければ、ふくらはぎをマッサージしたり、ホットタオルなどで温めるのもおすすめです。

当院でできること

当院では姿勢へのアプローチから根本的な改善を目指します。

たかが姿勢と思われるかもしれませんが、姿勢を改善すると神経、血流、酸素、ホルモンなどの循環がよくなります。

循環がよくなり筋肉が緩んだ状態であればこむら返りの予防にもつながります。

また、筋力アップのためのエクササイズ指導なども行います。

お気軽にお問合せ下さい。
044-767-7831

受付時間
平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00
定休日 月曜日

下記のリンクよりアクセスお願いします。

https://2.onemorehand.jp/saginuma-chiro/

コース選択画面で【 初めての方 【  meguru式整体】 meguru院にて 】を選択してください。

下記のアドレスをクリックし登録お願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40dln2269v
当院の専用LINEがございます。登録していただければ、定期的に栄養や運動の情報を送らせていただきます。こちらのLINEからもご予約可能ですのでお気軽にご利用ください。

予約を希望する方は下記をお知らせください。
・お名前
・ご希望の日時
・ご希望のコース