診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜19:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

グロインペイン症候群について

グロインペイン症候群の症状を解消するには姿勢改善が必須!

グロインペイン症候群とは、スポーツなどで起こる鼠径部痛の総称です。

鼠径部(脚の付け根の内側)には、腹筋や腸腰筋などの体幹の筋肉や大腿四頭筋、内転筋などの下肢の筋肉がたくさんあるため、特定の筋肉のことではなく、その周辺一帯を含んだ損傷で「症候群」となっています。

サッカーやラグビーなどのキック動作や、自転車競技のように股関節の曲げ伸ばしを繰り返し行う、股関節のオーバーユースで発症します。

 

症状

ランニング時や起き上がる動作、ボールを蹴る動作を行う際腹部に力を入れた時に鼠径部や周辺に痛みが走ります。

 

初期症状では、全力疾走やボールを蹴るときなどに限定的に痛みが生じますが、症状が悪化していくと痛みが出る頻度が増えていき、軽い運動でも痛みが出るようになります。

 

原因

体幹から股関節周辺の筋肉や関節の柔軟性の低下や、骨盤を支える筋力の低下による不安定性、体幹と下肢の連動性の低下などにより負荷が集中し、痛みや機能障害が生じやすくなります。

また、練習内容や練習頻度、環境、生活習慣などの影響も考えられるため、原因をひとつに絞ることが難しいといわれています。

 

~セルフケア~

腸腰筋ストレッチ

内転筋ストレッチ

グロインペイン症候群は一度発症すると慢性化しやすく、治りにくいのが特徴です。日頃から股関節の柔軟性を高め、しっかりと予防しましょう。

 

・腸腰筋のストレッチ

①膝立ちの状態になります。

②右の膝を90°になるよう前に出します。

③そのまま両手を右ももの上に乗せ、左の股関節を前に押し出すように動かします。

④10秒キープします。

⑤反対の足も行います。

 

・内転筋のストレッチ

①背筋を伸ばした状態であぐらをかき、両足の裏をあわせます。

②リズムよく両足を上下に動かします。

③内転筋と股関節がほぐれてきたら、上体を前に傾けていきます。

④背中が曲がらないように意識し、そのままの姿勢で20秒キープします。

 

当院でできること

まずは問題となっている筋肉の柔軟性や骨盤から下肢にかけてのバランスや連動性などを整え、患部への負担を減らしていきます。

また、患部だけではなく、患部に負担のかからないように全身のバランスや歪みを調整していきます。

グロインペイン症候群は一度発症すると慢性化しやすいため、痛みを取ることだけを目的とせず、繰り返さないための体の使い方やセルフケアの方法なども指導させていただきます。

 

お気軽にお問合せ下さい。
044-767-7831

受付時間
平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00
定休日 月曜日

下記のリンクよりアクセスお願いします。

https://2.onemorehand.jp/saginuma-chiro/

コース選択画面で【 初めての方 【  meguru式整体】 meguru院にて 】を選択してください。

下記のアドレスをクリックし登録お願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40dln2269v
当院の専用LINEがございます。登録していただければ、定期的に栄養や運動の情報を送らせていただきます。こちらのLINEからもご予約可能ですのでお気軽にご利用ください。

予約を希望する方は下記をお知らせください。
・お名前
・ご希望の日時
・ご希望のコース