診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜19:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

自律神経失調症について

自律神経失調症を解消するには姿勢改善が必須!

主にストレスなどが原因で自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れて出る様々な症状の総称が自律神経失調症です。  

 
 

主な症状

【身体症状】

体のだるさ、疲労感、めまい、耳鳴り、口やのどの不快感、発汗、動悸、便秘、下痢、肩こり、ほてり、不眠、頻尿、残尿感など

【精神症状】

イライラ、不安感、憂鬱になる、焦燥感、感情の起伏が激しい、やる気がでないなど

 
 

自律神経とは

自律神経とは、体内循環器、呼吸器、消化器といった内臓器官の働きに関わっていて、私たちの意志とは関係なく自動的に調整している神経のことを指します。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられていて、この2つの神経がバランスをとりながら働いています。  

 

【交感神経】

体の活動性を生み出す神経です。

昼間や活発に活動する時間帯に優位に働きます。

交感神経は心臓の働きを促進して血流を促します。すると血圧、拍動、体温などが上昇するため、活発に活動するエネルギーがわきます。

 

【副交感神経】

体を休息させる神経です。

リラックスしている時や食事後、就寝中に活発になります。

副交感神経は心臓の働きをゆるやかにします。そのため血圧・拍動・体温などが下がるため、心身の緊張がほぐれやすくなります。

 

この2つの神経がバランスよく働くことにより、体を一定の状態に保つことができるのです。

自律神経が乱れる原因

〇ストレス

人間関係や仕事でのプレッシャーなど悩みや不安による精神的なストレス、過労、怪我、さらには音、光、温度なども身体的なストレスとなって自律神経が乱れる原因となります。

 

〇不規則な生活

私たちの体は一定の生体リズムに従って働いています。昼夜逆転や不規則な食生活、睡眠不足のような生活習慣の乱れは、交感神経が優位になる時間が長くなるため自律神経のバランスを乱す原因になります。

 

〇疾患

発熱や体の痛みといった心身の疾患は自律神経に影響を及ぼします。

 

〇ホルモンバランスの変化

脳内でホルモンバランスを司る場所は、自律神経のバランスを調整する場所と近い位置にあるため、ホルモンバランスが乱れることで自律神経が乱れる場合があります。

 
 

当院でできること

当院では姿勢へのアプローチから根本的な改善を目指します。

たかが姿勢と思われるかもしれませんが、姿勢を改善すると神経、血流、酸素、ホルモンなどの循環がよくなります。

自律神経は脳から脊髄を通って全身へ信号を送り出すため、姿勢が悪くなり背骨が歪んでいると自律神経が乱れる原因となります。

姿勢を改善し自律神経を整えることで血管の異常な収縮や拡張、それにより刺激されている神経の興奮を抑える効果が期待できます。

 
 

お気軽にお問合せ下さい。
044-767-7831

受付時間
平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00
定休日 月曜日

下記のリンクよりアクセスお願いします。

https://2.onemorehand.jp/saginuma-chiro/

コース選択画面で【 初めての方 【  meguru式整体】 meguru院にて 】を選択してください。

下記のアドレスをクリックし登録お願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40dln2269v
当院の専用LINEがございます。登録していただければ、定期的に栄養や運動の情報を送らせていただきます。こちらのLINEからもご予約可能ですのでお気軽にご利用ください。

予約を希望する方は下記をお知らせください。
・お名前
・ご希望の日時
・ご希望のコース