診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜19:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

めまいについて

めまいを解消するには姿勢改善が必須!

めまいの症状は、ぐるぐると目がまわる「回転性めまい」、ふわふわとふらつく「浮動性めまい」、立ち眩みのようなくらっとする「動揺性めまい」の3つに大きく分けられます。

 

回転性めまい

周囲がぐるぐるとまわっているような感覚のめまいです。

まっすぐ立っていることや歩くことができないなどふらつきが起こる場合があります。

急に発症し、吐き気、嘔吐、耳が聞こえづらくなる(難聴)などの症状を伴うこともあります。

回転性めまいの原因場所は、主に耳の中にある三半規管にあるといわれています。

三半規管というのは、リンパ液で満たされており、体が動くことでリンパ液も一緒に動き、体が傾いたり寝たりといった「どの方向に体が傾いているか」を神経が察知します。

リンパ液がなんらかの原因で増えてしまったり、炎症が起こるとめまいとして現れます。

 

〇原因となる病気

・良性発作性めまい

・前庭神経炎

・メニエール病

・突発性難聴など

 

浮動性めまい

浮動性めまいは、足が地につかないようなふわふわした感覚が特徴です。

回転性めまいとは反対に症状が軽いことが多いのですが、長時間続くことがあります。

 

このめまいは耳や脳の異常が原因で起こる場合もありますが、多くは自律神経失調症や更年期障害などで起こりやすいといわれています。

 

動揺性めまい

立ち上がるとくらっとしたり、まっすぐ歩いているはずなのに足元がふらふらしたり、体のバランス感覚が失われたような感覚のめまいです。

自律神経乱れでも起こるとされていますが、原因となる病気に脳梗塞、聴神経腫瘍、一過性脳虚血発作、脳出血などの脳の異常の可能性が高いため、適切な医療機関を受診されることをおすすめします。

 

~めまいと耳の関係~

めまいの原因で多いのが耳の異常です。耳の中には体の平衡感覚を保つ半規管と耳石器があります。前半規管、後半規管、外側半規管の3つの半規管をまとめて三半規管といいます。

頭部のあらゆる方向への回転は、この三半規管で感知されます。

耳石器は卵形嚢と球形嚢の2つの袋があり、その上に耳石と呼ばれる炭酸カルシウムの結晶が乗っています。頭が動くと耳石動き、卵形嚢と球形嚢の重さのバランスが変化します。

エレベーターのような上下の動きには球形嚢が、電車のような前後左右などの水平方向の動きには卵形嚢が感知します。

 

これらの部分になにか障害が生じるとめまいが起こります。

当院でできること

当院では姿勢へのアプローチから根本的な改善を目指します。

たかが姿勢と思われるかもしれませんが、姿勢を改善すると神経、血流、酸素、ホルモンなどの循環がよくなります。

 

不良姿勢などにより背骨や骨盤に歪みがあるとバランスが取りにくく、平衡感覚の乱れにつながります。

また、歪みによりお体全体のバランスの状態が悪いと目線の位置が変わり、目が体の傾きの調整をしようとする過程でめまいが生じる場合もあります。

姿勢を改善し体の歪みを整えることで目線の位置を安定させ、耳への血流やリンパの流れをよくすることで改善の方向へと導きます。

 

お気軽にお問合せ下さい。
044-767-7831

受付時間
平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00
定休日 月曜日

下記のリンクよりアクセスお願いします。

https://2.onemorehand.jp/saginuma-chiro/

コース選択画面で【 初めての方 【  meguru式整体】 meguru院にて 】を選択してください。

下記のアドレスをクリックし登録お願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40dln2269v
当院の専用LINEがございます。登録していただければ、定期的に栄養や運動の情報を送らせていただきます。こちらのLINEからもご予約可能ですのでお気軽にご利用ください。

予約を希望する方は下記をお知らせください。
・お名前
・ご希望の日時
・ご希望のコース