診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜19:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

頭痛について

頭痛を解消するには姿勢改善が必須!

15歳以上の日本人の約4割は頭痛持ちと言われています。

頭痛といっても、脳自体が痛むわけではありません。頭部で痛みを感じるのは、骨膜、太い血管、硬膜、頭皮、頭を覆う筋肉、脳神経、上部頸髄神経などで、これらの組織が圧迫されたり、引っ張られたり、炎症を起こした時にそれが痛みとなって現れた結果を「頭痛」と総称しています。

頭痛は痛みの発生状況や痛みの種類により様々なタイプに分類されます。

 

緊張性頭痛

頭痛の中でも最も多くみられる頭痛です。後頭部から首すじにかけて、重苦しい感じや、頭をベルトで締め付けられるような圧迫感が起こるのが緊張性頭痛です。首や肩こりを一緒に訴えられる方が多いです。

 

〇発生するきっかけ

大半が身体的・精神的ストレスによるものが多いです。デスクワークや運転など長時間同じ姿勢をとるといった身体的ストレス、環境の変化による精神的ストレスなど。ストレスによって神経や筋肉が過度に緊張し、筋肉に疲労物質がたまったり、脳内の痛みの調整機能がうまく働かなくなってしまったりして頭痛が起こります。

 

〇緊張性頭痛の特徴

・後頭部を中心に両側がじんわりと痛む

・ズキズキするような痛みや寝込むほどの痛みはない

・重苦しい感じや頭をベルトで締め付けられるような痛み

・首や肩のコリを伴うことが多い

・吐き気はない

・動いても痛みは悪化しない

 

〇痛みのメカニズム

頭や首、肩の筋肉の緊張から起こることが多いと考えられています。長時間同じ体勢や無理な姿勢を続けることで、頭や首の筋肉に負担がかかり緊張が高まります。その結果筋肉の血行が悪化し、血管に老廃物などがたまることで炎症が起こり、痛みの物質であるプロスタグランジンなどが産生されて痛みを引き起こすと考えられています。

片頭痛

こめかみから目にかけて片側を中心に、時には両側や後頭部に脈を打つようなズキズキとした痛みがあります。吐き気や嘔吐を伴ったり、光や音に敏感になります。

比較的女性に多く、遺伝的な要素もあります。

 

〇発生するきっかけ

ストレスやストレスからの解放、寝すぎや寝不足、女性ホルモンの変化(月経周期)、天候や気圧の変化、空腹、肩こり、アルコールなど様々です。

 

〇片頭痛の特徴

・脈を打つようなズキズキとした痛み

・痛みがひどい時には吐き気や嘔吐を伴う

・動くと痛みが増す、またはじっとしているほうが楽

・頭痛の時、光や音に敏感になる

・6割の人は頭の片側に痛みが起こる

・仕事や家事に支障をきたすほどの強い痛みが起こることがある

・1~2割の人は頭痛の前に、目の前にギザギザした光(閃輝暗点)が見えるなどの前兆を伴う

・肉親に同じような頭痛を持つ人がいることが多い

 

〇痛みのメカニズム

片頭痛は詳細な原因は不明だといわれていましたが、最近ではなんらかのきっかけで三叉神経が刺激され、その末端から炎症を起こす物質などが出ることによって脳硬膜の血管のまわりに炎症が起こり、その刺激によって痛みが起こるといわれています。

 

群発頭痛

一カ月くらいの間、毎日のようにほぼ決まった時間に片方の目の奥が激しく痛みます。男性に多く、20~30代から発症するのが多いのが特徴です。睡眠中、特に明け方に目の奥をえぐるような激しい痛みが襲ってくる事が多く、1~2時間続くと自然に治ります。

 

〇発生のきっかけ

夜間、睡眠中に発生することが多いといわれています。

 

〇群発頭痛の特徴

・男性に多い

・いつも同じ片側の目の奥やこめかみに痛みがでる

・耐えがたい激しい痛みが1~2時間続く

・頭痛と同じ側の目が充血したり、涙や鼻水が出る

・ある一定の期間ほぼ毎日発作が起こる

・頭痛発生時は痛みのためじっとしていられない

 

〇痛みのメカニズム

群発頭痛のメカニズムはまだ解明されていませんが、頸動脈が脳内に入るところで血管が拡張し、目の奥にある血管のまわりに炎症を起こすため、痛みを感じるという説があります。

頸動脈のまわりには自律神経が密集しているため、炎症による自律神経への刺激で様々な症状が起こるようです。

 

※危険な頭痛~こんな時には適切な医療機関を~

一言で頭痛といっても中には脳の疾患(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍など)の命に関わるような危険な頭痛もあります。

 

・突然バットで殴られたような今まで感じたことのないような痛み

・意識が朦朧とする

・吐き気、麻痺、ろれつが回らないなどの症状

・頻度と程度が増していく頭痛

・体重の減少や発熱を有する頭痛

こういった症状がみられる場合には、脳に異常がある可能性がありますので、まず専門の医療機関を受診することをお勧めいたします。

当院でできること

鍼灸整体院meguruでは、「痛みなどの症状が出ないように予防する」ことをテーマにお体の調整をさせていただいております。

痛みを取り除くことはもちろん大事ですが、繰り返さない体を作ることが一番大切だと考えています。

そのため当院では姿勢へのアプローチから根本的な改善を目指します。

 

たかが姿勢と思われるかもしれませんが、姿勢を改善すると神経、血流、酸素、ホルモンなどの循環がよくなります。

 

人の頭は体重の約10%ほどの重さがあるため、その重い頭を支えている首は負荷がかかりやすく筋肉が緊張しやすい部位です。

姿勢を整える背骨が理想の状態(S字カーブ)だと頭の重さが分散でき、首への負担は大きく変わってくるため、結果として頭痛の予防につながります。

 

また、自律神経は脳から脊髄を通って全身へ信号を送り出すため、姿勢が悪くなり背骨が歪んでいると自律神経が乱れる原因となります。

姿勢を改善し自律神経を整えることで血管の異常な収縮や拡張、それにより刺激されている神経の興奮を抑える効果が期待できます。

 

お気軽にお問合せ下さい。
044-767-7831

受付時間
平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00
定休日 月曜日

下記のリンクよりアクセスお願いします。

https://2.onemorehand.jp/saginuma-chiro/

コース選択画面で【 初めての方 【  meguru式整体】 meguru院にて 】を選択してください。

下記のアドレスをクリックし登録お願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40dln2269v
当院の専用LINEがございます。登録していただければ、定期的に栄養や運動の情報を送らせていただきます。こちらのLINEからもご予約可能ですのでお気軽にご利用ください。

予約を希望する方は下記をお知らせください。
・お名前
・ご希望の日時
・ご希望のコース