診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜18:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

妊活と栄養について

妊活にベストな砂糖とは?

最近、白砂糖の健康への悪影響や中毒性が問題視されています。

どんな砂糖が体にいいのか?

なぜ白砂糖が体に良くないのか?

 

砂糖について説明しながら、お勧めの砂糖をご紹介します。

・白砂糖(上白糖、グラニュー糖)

精製を繰り返すためミネラルが除かれます。

また体に悪影響を及ばす理由が2つあります。

 

1.体を冷やす

2.体をサビつかせる(強酸性)

 

特に白砂糖は子宮を冷やす働きが強く、貧血、低体温を引きおこします。

また強酸性はカルシウム、ミネラルを大量に消費する働きがあります。

白砂糖はビタミン、ミネラル、酵素の欠乏から、

不妊だけでなく、全身の組織が弱まり様々な病気の原因になります。

三温糖

実は三温糖は白砂糖からできています。

白砂糖を精製し、残った糖液を繰り返し煮詰めて焦がし、

カラメルになると三温糖になります。

つまり砂糖を焦がしたものです。

 

色がついているから白砂糖よりは健康的と思われがちですが、

三温糖が良くない理由は3つあります。

 

1.糖化した砂糖

2.添加物にカラメル色素を含むものがある

3.体を冷やす

 

焦がした砂糖は「糖化」といい、体を老化させる物質です。

「カラメル色素」という添加物で色付けている三温糖も中にはあります。

カラメル色素は発がん性のある物質なので避けたいですね。

白砂糖から作られるので、体を冷やす性質があります。

 

家にある砂糖を見直すだけで、

砂糖からミネラル、ビタミンを補うことが出来ます。

3つのおすすめの砂糖

〈黒砂糖〉

サトウキビを煮詰めたものでビタミン、ミネラルが多く含まれます。

カルシウム、リン、鉄、カリウムは砂糖の中で一番多いです。
 

〈てんさい糖〉

てん菜から作られる砂糖で、「オリゴ糖」を多く含みます。

オリゴ糖は善玉菌の餌となるので腸内環境を整えます。

寒い地方でとれるてん菜は体を温める食材です。
 

〈きび砂糖〉

黒糖を精製が進んだもので、上白糖よりミネラルを多く含む。

癖や雑味が少ないため黒糖より料理に使いやすい。

 

黒糖は独特の風味があるので煮込み料理、

一方雑味の少ないてんさい糖は酢の物やお菓子作りと

砂糖を使い分けるといいかもしれませんね。

 

黒糖やてんさい糖が体に良い砂糖だからといっても

砂糖の摂り過ぎは体によくありません。

砂糖の糖質は過剰に摂取すると、血糖値を急激に高めます。

肥満リスクや中性脂肪を高めるので注意が必要です。

白砂糖より怖い砂糖がある?!

皆さん「ブドウ糖化糖液」ってしっていますか?

 

市販の飲料水やアイスクリーム、調味料には

白砂糖より怖い「ブドウ糖化糖液」がよく使われます。

これは自然界には存在しない、人工的に作られた砂糖です。

 

白砂糖より怖い理由が4つあります。

①血糖値を急上昇させます。

②体の老化物質を作る

(糖化といって様々な疾患の原因になります)

③遺伝子組み換えトウモロコシで作られている

④分解に大量のビタミン・ミネラルを使用する

お電話でのご予約・お問合せ

044-767-7831

受付時間 平日  9:00~20:00
      土日祝 9:00~18:00
●定休日  月曜日

肩こり、腰痛、膝痛などの症状は鷺沼駅にある別院へ

院長プロフィール

清水 哲也
 
  • カイロプラクター
  • 日本妊活協会認定 不妊テクニックマスター
  • 日本妊活協会認定 不妊テクニックマスター養成講座 講師
  • 放送大学非常勤講師
  • 姿勢教育指導士養成講座 講師
  • 姿勢教育指導士
  • 加圧トレーニングインストラクター
  • トコちゃんベルトアドバイザー

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

044-767-7831
住所

〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区
鷺沼1-2-1 安藤マンション307

(田園都市線 鷺沼駅 徒歩2分)

受付時間

平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

定休日

月曜