月経前の過食について

月経前になるといつもより食欲が増えてしまう・・という方いませんか?
その月経前の異常な食欲には原因があります。

その原因は黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きが活発になることです。
排卵期以降、生理日までの期間は黄体ホルモンがとくに活発になる時期で
自分の意志とは関係なく、栄養を蓄えたり、イライラを引き起こしたりする事
がわかっています。
 
原因その1
黄体ホルモンが活発になると女性の身体は妊娠に備えて脂肪や糖分、水分を蓄えようと働き
始めます。
例えば特にお腹が空いていなくても「食べても食べても満足いかない」という感覚を
引き起こします。そのため普段食べたいと思わないカロリーの高い食べ物を
食べたくなるのです。
この時期は普段よりも2~3㎏程度増えるのが普通なのであまり心配しなくても
良いでしょう。
 
原因その2
黄体期には食欲増進だけではなく、イライラしてしまうという方もいるのではないでしょうか。
生理前特有のイライラは黄体ホルモンが「セロトニン」を減少させてしまうからです。
セロトニンは感情をコントロールする物質で減少すると精神のバランスが乱れます。
そのために無性にイライラするという症状が現れてしまうのです。

対策

〇食事を小分けにして回数を増やす
血糖値の最大値と最小値が開けば開くほど空腹感や満腹感のシグナルが鈍くなり、つい食べ過ぎてしまいます。この血糖値の上下の差を少なくする事がコツになります。
ダイエット中に食事回数を減らす方がいるかと思いますがそうすると、空腹時間が長くなります。
そしてその空腹時間が長いほど血糖値が低下して大食いの原因となってしまいます。
1回の食事量を減らしてその分食事の回数を増やすようにしましょう。そうすると血糖値の急激な上昇を抑えることができます。
 
〇食べる順番に注意する
血糖値をコントロールするには食べる順番を変えてみましょう。
 
①食物繊維
②汁物
③タンパク質
④炭水化物
 
の順番で食べる事をおススメします。これを守るだけでも普段同じものを食べても
血糖コントロールが期待できます。
 
〇ビタミンB6を摂取する
ビタミンB6はセロトニン、ドーパミン、アドレナリンなど感情の物質の合成に必要なビタミンです。
そのためビタミンB6が不足すると自律神経のバランスを崩してしまい結果ホルモンバランスも
乱れてしまいます。鶏肉、豚肉、カツオ、マグロに多く含まれているので積極的に摂取しましょう。
 
〇香りの活用
月経前の過食には、食欲を抑える作用のあるグレープフルーツの香りがおススメです。
お風呂に5滴ほど入れて入浴すると良いでしょう。
 

当院でできること

当院では血液による体の巡りを改善する事で日々の生活をより過ごしていただくための施術メニューをご用意しています。

<ハイパーナイフ>

高周波により体の奥の細胞同士を震わせて熱を発生させます。その熱で深部までしっかり温めながら気になる脂肪までアプローチし、その脂肪を柔らかくします。
温まる事で血液循環も良くなるので、痩せやすい体作りへと繋げる事ができます。

<岩盤マット>

通常の電気マットとは違いマットの中に温水ボイラーで沸かした地熱に近い温度のお湯が全体に行きわたり、電気では感じられない優しいお湯の温かさを感じる事ができます。
マットの中に散りばめられている貴重な「北投石」によるホルミシス効果(活性酸素抑制)を体験できます。30分岩盤マットに寝ているだけで30分~60分のジョギングと同じエネルギー消費しながら老廃物が多量の汗と共に出ていきます。

岩盤マットの主な作用

・温熱効果→免疫活性
・ホルミシス効果→活性酸素抑制(微弱の放射線が健康に有益な効果をもたらす事。抗酸化作用、免疫力アップ、DNA損傷修復機能など。)
・遠赤外線効果→深部まで温める
・マイナスイオン効果→疲労回復

ネット予約もできます♬

ネットからもご予約いただけます。

https://2.onemorehand.jp/saginuma-chiro/

 

院長プロフィール

清水 哲也
 
  • カイロプラクター
  • 放送大学【姿勢と健康】講師
  • 日本姿勢教育指導士養成講座 講師
  • 日本姿勢教育協会 理事
  • 加圧トレーニングインストラクター
  • 日本妊活協会養成講座 講師

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

044-767-7831
住所

〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区
鷺沼1-2-1 安藤マンション307

(田園都市線 鷺沼駅 徒歩2分)

受付時間

平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00

定休日

月曜