腕のブツブツ

二の腕にできる小さなブツブツ、気になりませんか?
触るとザラザラしていてまとまって発生するのが特徴です。一見ニキビのように見えますが、顔などの皮脂の多い部分には発生しません。症状は軽いですが時間が経ってもなかなか自然に治りません。

このブツブツは、ターンオーバーの乱れにより古い角質が毛穴にたまることが原因で発生します。毛穴に角質がたまることで皮膚が盛り上がり、見た目がブツブツに見えてしまいます。角質だけではなく毛も一緒に詰まっていたり軽く炎症を起こしてしまう場合があります。根本的な原因ははっきりわかっておらず遺伝による影響もあると考えられています。

ブツブツの種類

二の腕にできるブツブツは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」という皮膚疾患の可能性が高いです。この場合ブツブツの盛り上がりは普通の皮膚の色または薄い赤や茶褐色をしており外見以外の自覚症状はありませんがまれにかゆみを感じることはあるようです。
その他に背中やヒップなどに症状が出る事もあります。

対策

〇ナイロンタオルなどで肌を強くこすらないようにしましょう。体を洗う際はボディ―ソープなどを泡立てて洗ってください。

〇ボディスクラブやカミソリの使用は避けましょう。患部に細菌が入って炎症を起こしたり
しみになったりすることがあります。

〇入浴後は保湿をしましょう。水分が足りないとターンオーバーが乱れて症状が悪化することがあります。

 

当院でできること

当院では血液による体の巡りを改善する事で日々の生活をより過ごしていただくための
施術メニューをご用意しています。

<ハイパーナイフ>

高周波により体の奥の細胞同士を震わせて熱を発生させます。その熱で深部までしっかり温めながら気になる脂肪までアプローチし、その脂肪を柔らかくします。
温まる事で血液循環も良くなるので、痩せやすい体作りへと繋げる事ができます。