ホットフラッシュ

ホットフラッシュ」とは更年期障害の症状のひとつです。

症状としては、2~4分間持続する熱感と発汗を自覚し、脈拍が増加します。ほてりや発汗は顔面から始まり頭部・胸部に広がります。顔面のほてりや発汗のみの場合もあります。

・突然体が熱くなる

・急に顔が紅潮する

・滝のように汗が出てとまらない

・顔は熱いのに手足や腰が冷える

更年期の汗について

ホットフラッシュの影響によって汗が出ることもあります。またそれとは関係なくどっと汗がでるのも更年期の特徴です。多汗症と同じくらいに大量んい汗をかいてしまうこともありますが、多汗症と違うのは、手や足に汗をほとんどかかない割に顔や首筋、胸などを中心に汗をかいてしまう事です。ひどい時には手足が冷えているのに顔や胸から滝のように汗が流れおちます。
 

対策

①通気性の良い衣類を着るようにしましょう。自覚した時は深い腹式呼吸を行いウエットティッシュで首筋を冷やすと良いです。

②大豆を積極的に摂取しましょう。大豆のイソフラボンは女性に似た成分を含んでいるのでエストロゲンと似た働きをします。また大豆は食物繊維やオリゴ糖も多く含み、加齢とともに乱れがちな腸内環境を整えてくれて骨を強くするカルシウムが豊富です。大豆イソフラボンは食べてから約1~2日で体外へ排泄されるため毎日摂取しましょう。

大豆イソフラボンの1日摂取目安量

・厚揚げ 1/2枚(100g)

・大豆水煮 小鉢(60g)

・納豆  1パック(45g)

・きな粉 大さじ1(6g)

・豆腐  1丁(300g)

・豆乳 1パック(200g)

当院でできること

当院では血液による体の巡りを改善する事で日々の生活をより過ごしていただくための

施術メニューをご用意しています。

<ハイパーナイフ>

高周波により体の奥の細胞同士を震わせて熱を発生させます。その熱で深部までしっかり温めながら気になる脂肪までアプローチし、その脂肪を柔らかくします。
温まる事で血液循環も良くなるので、痩せやすい体作りへと繋げる事ができます。

<よもぎ蒸し>

穴の開いた椅子の下でよもぎを煮立たせて蒸気を下半身全体に浴びて体を温めて発汗作用を促す韓国伝統の民間療法です。岩盤浴やサウナを違う点は蒸気が皮膚より吸収の良い粘膜を直接温める事でよもぎ成分の吸収が早く芯から温める事ができます。