汗をかく事

汗をかく事は大切です

汗は皮膚にある汗腺で作られ、ほとんどの成分が水です。身体の体温が上がった時に
身体の水分を汗として流す事で体温を一定に保つ働きをしています。

汗をかく事は究極のデトックスとも言われています。
老廃物や余計な水分を排出する事で新陳代謝があがり血液の流れが良くなります。
そしてそれによる美肌効果が期待できます。
また、汗をかくと「幸せホルモンのセロトニン」の分泌が促され、それにより副交感神経が優位に働きリラックス効果や気持ちもスッキリするのでストレス解消効果にも繋がります。

対策

汗には良い汗と悪い汗があります。

【良い汗】
汗をだす汗腺は状況に合わせて血液中から血漿を取り出して汗を作っています。
血漿は99%以上が水分ですがミネラルも含みます。ミネラルは身体に必要なものなので、汗腺は血漿の中の水分だけを濾過してミネラルは再度血管に戻してから汗として排出します。
この汗は限りなく水分に近いのでサラサラしています。

これが<良い汗>です。

【悪い汗】

汗をかく習慣があまりないと、汗腺の濾過機能が衰えてミネラルも一緒に汗の中に入ってしまいます。
そうすると濃度が濃くベタベタした汗になり、ミネラルが皮膚の菌と結合するのでくさい汗となります。
汗腺を鍛える事と食生活に気を付けると、良い汗くさくない汗をかく事ができます。

〇半身浴

37~38度程度のお湯にみぞおちあたりまで10~15分程つかります。
ぬるめのお湯なので長時間浸かる事ができ身体の芯から温まる事ができます。

〇運動

汗腺を働かせるには運動のなかでもゆっくりいい汗をかける有酸素運動が効果的です。
できれば毎日20分~30分程度汗ばむくらいにウォーキングを行いましょう。

 

〇食べ物でコントロール

食事には血行を促進や代謝を上げてくれる食材を選びましょう。
肉類や脂っこいものは控えめにして、野菜、果物、オリーブオイル、玄米などを摂りましょう。

当院でできること

当院では血液による体の巡りを改善する事で日々の生活をより過ごしていただくための施術メニューをご用意しています。

<ハイパーナイフ>

高周波により体の奥の細胞同士を震わせて熱を発生させます。その熱で深部までしっかり温めながら気になる脂肪までアプローチし、その脂肪を柔らかくします。
温まる事で血液循環も良くなるので、痩せやすい体作りへと繋げる事ができます。

<EMS>


深部20㎝まで刺激をアプローチできる複合高周波で、表層筋(アウターマッスル)や骨格の奥にある深層筋(インナーマッスル)の筋肉をしっかりトレーニングできる唯一の治療機器です。
特にインナーマッスルを刺激することで脂肪の燃焼効率が上がりダイエット効果につながります。筋肉量が上がると基礎代謝も良くなるので相乗効果で皮下脂肪を落としやすい身体づくりにつながります。30分で9,000回の筋収縮(腹筋)効果があります。

<岩盤マット>

通常の電気マットとは違いマットの中に温水ボイラーで沸かした地熱に近い温度のお湯が全体に行きわたり、電気では感じられない優しいお湯の温かさを感じる事ができます。
マットの中に散りばめられている貴重な「北投石」によるホルミシス効果(活性酸素抑制)を体験できます。30分岩盤マットに寝ているだけで30分~60分のジョギングと同じエネルギー消費しながら老廃物が多量の汗と共に出ていきます。

岩盤マットの主な作用

・温熱効果→免疫活性
・ホルミシス効果→活性酸素抑制(微弱の放射線が健康に有益な効果をもたらす事。抗酸化作用、免疫力アップ、DNA損傷修復機能など。)
・遠赤外線効果→深部まで温める
・マイナスイオン効果→疲労回復

ネット予約もできます♬

ネットからもご予約いただけます。

https://2.onemorehand.jp/saginuma-chiro/

 

院長プロフィール

清水 哲也
 
  • カイロプラクター
  • 放送大学【姿勢と健康】講師
  • 日本姿勢教育指導士養成講座 講師
  • 日本姿勢教育協会 理事
  • 加圧トレーニングインストラクター
  • 日本妊活協会養成講座 講師

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

044-767-7831
住所

〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区
鷺沼1-2-1 安藤マンション307

(田園都市線 鷺沼駅 徒歩2分)

受付時間

平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~19:00

定休日

月曜