二の腕のたるみについて

原因

筋肉の衰え

二の腕のたるむ大きな原因として、日常生活ではあまり使用されない「上腕三頭筋」という腕の裏側の筋肉の衰えにあります。
この筋肉は腕を伸ばしたり、後ろに引き上げた時などに使われますが、日常生活でこのような動作はあまり頻繁には行われません。使っているつもりで実は使っていなかった上腕三頭筋の衰えから脂肪がたまりやすくなりたるむ原因となっているのです。


・脂肪が落ちにくいパーツ

二の腕は脂肪がつきやすく、落ちにくいパーツとされています。運動不足で乱れた食生活を送っていると、体全体にも脂肪が蓄積されやすくなり結果二の腕にもついて、たるみを引き起こしてしまいます。

 

・姿勢が悪い

背中が丸くなると自然に肩甲骨は外側に開いていき、肩は内側へ向きます。そうなると腕を後ろに引く動作が減ってしまい、使われにくい上腕三頭筋は更に使われなくなります。
結果血液やリンパの流れも悪化してしまい、二の腕のたるみに繋がっていきます。

 

・セルライト

セルライトが蓄積されると脂肪細胞の代謝が悪化し老廃物をため込んでしまい、結果二の腕の脂肪を更に増やす事に繋がってしまいます。

 

対策

・リンパの流れを改善

二の腕の引き締めには老廃物を流すリンパの流れを改善しましょう。リンパの流れが悪くなり老廃物が溜まるとセルライトの生成につながり、そのセルライトが更に老廃物をためこんで肥大化することが二の腕が太くなる原因となります。

 

<簡単リンパマッサージ>

1,鎖骨の中心に片手を当てて、外側に向かってすべらせていきます。鎖骨に沿って手を動かしてあまり圧力をかけない程度にリンパを流していきます。

 

2,手を脇の方へ滑らせたら、親指を鎖骨の方に当ててその他4本の指を脇の下に当てて挟み込みます。5秒間押しましょう。

 

マッサージは体が温まって血行が良くなっているお風呂上りに行うと効果的です。ボディオイルやボディローションを使用しましょう。また日頃から体を温める意識して血行促進を心がけましょう。

 

当院でできること

当院では血液による体の巡りを改善する事で日々の生活をより過ごしていただくための施術メニューをご用意しています。

<ハイパーナイフ>

高周波により体の奥の細胞同士を震わせて熱を発生させます。その熱で深部までしっかり温めながら気になる脂肪までアプローチし、その脂肪を柔らかくします。
温まる事で血液循環も良くなるので、痩せやすい体作りへと繋げる事ができます。

<EMS>


深部20㎝まで刺激をアプローチできる複合高周波で、表層筋(アウターマッスル)や骨格の奥にある深層筋(インナーマッスル)の筋肉をしっかりトレーニングできる唯一の治療機器です。
特にインナーマッスルを刺激することで脂肪の燃焼効率が上がりダイエット効果につながります。筋肉量が上がると基礎代謝も良くなるので相乗効果で皮下脂肪を落としやすい身体づくりにつながります。30分で9,000回の筋収縮(腹筋)効果があります。

<岩盤マット>

通常の電気マットとは違いマットの中に温水ボイラーで沸かした地熱に近い温度のお湯が全体に行きわたり、電気では感じられない優しいお湯の温かさを感じる事ができます。
マットの中に散りばめられている貴重な「北投石」によるホルミシス効果(活性酸素抑制)を体験できます。30分岩盤マットに寝ているだけで30分~60分のジョギングと同じエネルギー消費しながら老廃物が多量の汗と共に出ていきます。

岩盤マットの主な作用

・温熱効果→免疫活性
・ホルミシス効果→活性酸素抑制(微弱の放射線が健康に有益な効果をもたらす事。抗酸化作用、免疫力アップ、DNA損傷修復機能など。)
・遠赤外線効果→深部まで温める
・マイナスイオン効果→疲労回復