診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜18:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

妊活と栄養について

葉酸が多い夏野菜ベスト3 これで卵子の質を上げよう!

妊活しているすべての女性が摂りたい栄養素「葉酸」
 
卵子の老化を防ぐと言われているので、
 
卵子の質を上げるにも葉酸の摂取は必須になります。
 
 
そこで!葉酸が多い夏野菜ベスト3を紹介します」。
 

1.枝豆

 
 
塩湯でするだけでたべられる優れモノ!
 
葉酸の含有量は野菜類の中でもトップクラス!
 
その他にタンパク質、鉄、ビタミンB群、ミネラルが豊富
 
枝豆だけで様々な栄養素がバランスよく摂れるのも嬉しいですね。
 
せっかくなので冷凍でなく、旬の枝付き枝豆を食べましょう。
 
葉酸は豚肉に含まれるビタミンB12と摂ると吸収率が上がります
 
〈オススメ食べ方〉
 
・枝豆の蒸し焼き
 茹でるとどうしても葉酸が水に溶け出すので、蒸し焼きで流出を押さえます。
 
 
・枝豆とベーコンのしょうゆ炒め
 豚肉と摂ることで葉酸の吸収率がアップします。

 

2.モロヘイヤ
 
クレオパトラが愛した野菜として知られるモロヘイヤ。
 
古代エジプトではいろいろな病を完治させたと言われています。
 
さっと茹で刻んでタッパーにストックしておけば、
 
納豆に和えたり、お浸しにしたり、手軽に摂ることが出来ます。
 
葉酸だけでなく、抗酸化作用の高いスタミナ野菜なのでとてもお勧めです!
 
 
〈オススメ食べ方〉
 
・モロヘイヤの天ぷら
 天ぷらにすると軸まで食べる事ができます。
 
・モロヘイヤの納豆和え
 葉酸が多い納豆と摂ると更に栄養価が上がります。
 
・モロヘイヤのスープ
 茹でずにそのまま刻んでスープに入れると水に溶けだす葉酸も丸ごと頂けます。 
3.アスパラガス
 
葉酸以外にもアスパラギン酸には免疫力アップの効果があります。
 
ビタミンCも多く含み、葉酸の吸収率を上げます。
 
茹でるより、油で炒めると葉酸が失われにくくなります。
 
〈オススメ食べ方〉
 
・アスパラのベーコン炒め
 豚肉のビタミンB12で吸収率がアップします。
 
・アスパラの豚バラ肉巻きフライ
 フライにすることで茹でずに食べる事ができます。

お電話でのご予約・お問合せ

044-767-7831

受付時間 平日  9:00~20:00
      土日祝 9:00~18:00
●定休日  月曜日

肩こり、腰痛、膝痛などの症状は鷺沼駅にある別院へ

院長プロフィール

清水 哲也
 
  • カイロプラクター
  • 日本妊活協会認定 不妊テクニックマスター
  • 日本妊活協会認定 不妊テクニックマスター養成講座 講師
  • 放送大学非常勤講師
  • 姿勢教育指導士養成講座 講師
  • 姿勢教育指導士
  • 加圧トレーニングインストラクター
  • トコちゃんベルトアドバイザー

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

044-767-7831
住所

〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区
鷺沼1-2-1 安藤マンション307

(田園都市線 鷺沼駅 徒歩2分)

受付時間

平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

定休日

月曜