診療時間
平日 9:00〜20:00/土日祝 9:00〜18:00
休診日
月曜日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

044-767-7831

FSH(卵巣刺激ホルモン)とは?

女性ホルモンといえば、エストロゲンとプロゲステロンが代表ですよね。
ではFSH(卵巣刺激ホルモン)はご存知ですか?
 
不妊症、妊活に大切なFSH(卵巣刺激ホルモン)についてご説明します。
 
〈FSH(卵巣刺激ホルモン)とは?〉
 
FSH(卵巣刺激ホルモン)は下垂体から分泌されるホルモンで、
卵巣に届くとエストロゲンを作るよう指令が出されます。
これをフィールドバックという方法で調節しています。
 
 
  エストロゲン充足→FSH下がる
   (十分だとFSHは出なくなる)
 
  エストロゲン不足→FSH上がる
  (FSHが上がり、卵巣を刺激する)
 
エストロゲンが十分でないとFSHは上がり、卵巣を刺激して、
エストロゲンをもっと出すよう指令を出します。
しかし卵巣が弱かったり反応が鈍くなったりし、FSHが出ても卵巣が反応できず、
エストロゲンの量も増えないので、FSHも上がります。
 
FSHは大体10を境目に卵巣機能の指標になります。
10以上は卵巣機能が落ちている事を表します。
 
 
卵胞期のFSHの正常   3.5~12.5(mIU/ml)
 
排卵期        4.7~21.5(mIU/ml)
 
高温期        1.7~7.7(mIU/ml)
 
 
 
〈高いとどうなるの?〉
 
本来たくさんFSHを出さなくても卵胞は育つのに、
頑張ってホルモンを出さなければ!とホルモンが出すぎている状態です。
 
高FSHは卵胞は育ってもく空卵(卵子が入っていない)や未熟卵だったりすることもあり、
卵子の質が高いといえません。卵巣機能の低下を意味します。
 
 
〈FSHを下げる方法4つ〉
 
・良質なタンパク質、脂質、オリゴ糖、ビタミンE、鉄を摂る
 
・適度な有酸素運動
 
・冷え体質の改善
 
・ストレスの予防
 
 
 
 
また卵巣機能を上げていくには、卵胞を作るときに働く
甲状腺ホルモンの働きを上げることも大切です。
甲状腺の働きが弱っていくと卵の力が弱くなるので、
ヨウ素や海藻を摂ることが大切です。
ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい身体づくりをしましょう。
 
 
 
〈meguruが行うFSHを上げる方法〉
 
・食事指導
 
・内臓調整
 
・エクササイズ指導
 
 
様々な面からのアプローチを行っています。
 

お電話でのご予約・お問合せ

044-767-7831

受付時間 平日  9:00~20:00
      土日祝 9:00~18:00
●定休日  月曜日

肩こり、腰痛、膝痛などの症状は鷺沼駅にある別院へ

院長プロフィール

清水 哲也
 
  • カイロプラクター
  • 日本妊活協会認定 不妊テクニックマスター
  • 日本妊活協会認定 不妊テクニックマスター養成講座 講師
  • 放送大学非常勤講師
  • 姿勢教育指導士養成講座 講師
  • 姿勢教育指導士
  • 加圧トレーニングインストラクター
  • トコちゃんベルトアドバイザー

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

044-767-7831
住所

〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区
鷺沼1-2-1 安藤マンション307

(田園都市線 鷺沼駅 徒歩2分)

受付時間

平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00

定休日

月曜